マタニティのドレス選びでお悩み|ドレスサロンプルメリア名古屋

受付時間 11:00〜17:30
定休日 月曜日・火曜日(祝日を除く)
045- 317- 7667

来店ご予約

お悩み別ウェディングドレス選び USEFULお役立ちコンテンツ

ドレスサロンプルメリア名古屋 HOME > お役立ちコンテンツ > お悩み別ウェディングドレス選び > マタニティのドレス選びでお悩み

マタニティのドレス選びでお悩み

マタニティのドレス選びでお悩み マタニティのウェディングドレス選びは体型の変化などを考慮する必要があるため、通常のドレス選びとは少し違います。そのうえ、ほとんどの花嫁さんにとっては結婚式自体が初めてのことなので、ドレス選びひとつにしても不安がいっぱい。 「お腹はどんどん大きくなるけど、自分に合うウェディングドレスが見つかるかしら?」 名古屋のマタニティ花嫁のみなさんも、レンタルドレスを選ぶ前に一度はそんな悩みにぶつかるようです。 そこで、このページでは妊娠周期の体の変化と、それに合わせたおすすめのウェディングドレスをご紹介。 せっかく名古屋で結婚式を挙げるなら、マタニティ花嫁さんも可愛くてキレイなドレスを着こなしましょう。

マタニティのウェディングドレス選びの落とし穴
妊娠初期(2〜4ヶ月)
[体の変化]
・お腹や胸が張る
・下腹部が膨らみ始める
・体毛が濃くなる
・トイレに行く回数が増える

妊娠初期は、お腹周りに大きな体の変化がまだないので、締め付けの少ないゆったりしたシルエットのウェディングドレスなら普段のサイズを選んでも大丈夫でしょう。
大人っぽいイメージが希望の方は、ふんわりしたラインのドレスよりスレンダーラインを選びたくなるかもしれません。基本的にマタニティ花嫁さんにはお腹の膨らみが強調されるスレンダーラインはおすすめできませんが、マタニティ専用ドレスの中にはお腹周りがゆったりしたスレンダーラインのドレスもあります。
妊娠中期(5〜7ヶ月)
[体の変化]
・お腹や胸が大きくなる
・全体的に丸みを帯びた妊婦らしい体型に
・つわりはほとんどなくなる

安定期と呼ばれるこの時期になると、普段着ているサイズのドレスでは合わなくなってくるでしょう。
バストサイズも平均1〜2カップはアップするので、試着の際はお腹周りだけでなく胸周りも考慮したドレス選びを。さらに、丈も大きなお腹のためドレスの裾が少し上がります。ドレス丈を長めにしておくと椅子に座っている間も見栄えが自然です。
裾に向かってシルエットの広がるAラインドレスなら、お腹やお尻が目立たずに着られます。サイズ調整もしやすいので妊婦さんにもおすすめです。
また、クラシカルなエンパイアラインも体型を選びません。胸もお尻も美しく見せてくれるので、マタニティだからこそ上手に着こなせるとも言えます。
妊娠後期(8〜9ヶ月)
[体の変化]
・さらにお腹が膨らむ
・トイレが異常に近くなる
・胃が気持ち悪い

ひとりで足の爪を切るのが難しいほどお腹が大きくなる妊娠後期には、すでに誰が見ても妊婦さんだとわかるでしょう。ウェディングドレスも移動が楽なものを選ぶのがおすすめです。
また、この時期には肌が敏感になってくるので下着やドレスが擦れるのが気になることも。素材やレース部分にも注意しましょう。
ふんわりしたスカートがお腹のふくらみをすっぽりと覆い隠してくれるプリンセスラインは、妊娠前と同じような自然な着こなしができると人気です。ご自身の体型に合わせてパニエでシルエットを調整すると良いでしょう。大きなパニエは歩きやすさ的にもおすすめです。

PageTop

Copyright © Dress Salon PLUMERIA. All Rights Reserved.